竹富町長 川満栄長

竹富町長 川満栄長

沖縄県竹富町は、日本最南端の町として、美しい石西礁湖の海と亜熱帯の雄大な自然に恵まれた西表石垣国立公園を有し、東西42km、南北40kmの広範囲に点在する西表島、竹富島、黒島、新城島、小浜島、鳩間島、波照間島等大小16の島々からなる島嶼町です。

日本最後の秘境と呼ばれる西表島には、特別天然記念物のイリオモテヤマネコ、カンムリワシ、亜熱帯特有のマングローブ群落等の植物「自然の宝庫」が残っております。

民族芸能については、竹富島の種子取祭、西表島(祖納・干立)の節祭、小浜島の結願祭等重要無形民俗文化財をはじめ、各島々での伝統民族芸能は、今も暮らしの中にいきづき、町民のよりどころとなっており、この自然と文化は日本の財産として残していかなければならないと考えております。

そこで本町では、多くの人々から「寄附金」という応援をいただきながら、「自然の生きるまちづくり」「文化のいきづくまちづくり」「未来にはばたくまちづくり」のために竹富町ふるさと応援基金条例を制定いたしました。

「ふるさと」を応援したい、貢献したい、また「竹富町が大好き」など、本町とゆかりのある方、あるいは、現在町内にお住いの方々にも、是非、本町の取り組みに賛同していただけるよう、皆さまのあたたかい応援の心をお待ちしています。

寄付金のお申し込みはこちら →